相模湾でフグ釣り体験!

 

釣具メーカーで有名なヤマリア様のスタッフの方を講師に招いて、

相模湾でのフグ釣り研修に参加して来ました。

お世話になった船宿は、腰越漁港・池田丸さん。 

相模湾で唯一フグ船を出している船宿です。

私自身相模湾でのフグ釣りは初めて!

期待に胸が膨らみます。

 

 

まずは朝一で船長からフグ釣りのレクチャーを受けてから乗船

となりました。

いざ出船タイム!

ポイントは江ノ島東沖。腰越漁港の真沖~稲村ヶ崎にかけて。

 

 

今回はヤマリア「湾フグカットウ仕掛」に喰わせ仕掛をセット。

オモリは10号を使用。

 

 

エサはカットウ仕掛の親針用にアルゼンチン赤エビを、

喰わせ仕掛用には甘エビを使用。

豪華な組み合わせ。おかわり自由というのも魅力的。

いざ実釣開始。

オモリが着底したら、ゼロテンションをキープしたまま、

竿先をシャープに誘い

ゆっくりとフォールさせる。その日のフグの活性に合わせて、

誘いの間を図る。

アタリが有れば、ソフトにアワセる。

こんなイメージで始まった。

ファーストヒットはチビエソ君でしたが、

程なくして本命のショウサイフグをゲット。

 

 

とにかく微妙なアタリを取らなければ掛りません!

いくつかバラシて、2匹目ゲット!

ここからが長かった。

アタリは有れど、外道が豊富で本命をゲットするまでが遠い・・・

カサゴ、カワハギ、タコなどが次々にヒット!

 

 

 

 

 

本命がなかなかヒットしない。

周りではポツポツ上がっているのに・・・

次第に焦りが・・・

あまり活性が高くないせいか移動を繰り返す。

 

 

烏帽子岩や江ノ島周辺も狙った。

ここでもパッとせず、稲村ヶ崎方面に移動!

ここではポツリポツリとアタリがあり、アワセを決めると

フグ独特な引きが!

あがって来たのはサバフグ!毒サバフグと見分けが付かない

とのことからキープ無し!

 

 

その後はサバフグ連発!引きだけは楽しめました。

残念ながら、ここで釣りタイムアップ!

相模湾でのフグ釣りはとにかく外道が多彩で楽しい!

東京湾とはまた違った面白さを発見!

 

 

釣ったフグは船上で船長が捌いてくれますので安心!

フグは身欠きの状態で渡してくれるので調理が楽チン。

また、機会が有ったら、相模湾のフグ釣りのチャレンジしたいですね。

ヤマリアのスタッフの方々、池田丸様楽しい釣りを指南していただき

有り難うございました。