3/7「大丈夫。絶対釣れるから」inリバスポ

 

釣友とその友達3人で、

午後からリバースポット早戸へ行ってきました。

3月とはいえ、まだまだ水温は低く、

ニジマスの活性はそれ程高くはなさそうでした。

 

まだ1匹も釣らない時、

釣友の友達は管釣り2~3回の初心者にもかかわらず、

いきなりスプーンでヒット!

さらに追加の2匹目!

(結構うまいのか?)

(こっちが1匹も釣ってないのに・・・)

しばらくやていると、

やっとポツポツかかり始め、

 

イエローやグローカラーのスプーンにニジマスがヒット。

  

 

クランクにもヒット。

 

(ネットが大きすぎ?)

 

4時を回った頃、目標の20匹には程遠く、

(8匹しか釣ってません)

もうちょっと釣らねば、と思ったところ、

釣友の友達は釣果2匹、というではありませんか。

(始めの2匹のまま)

釣友がなんとか釣らせようと、

スティック系やら試しましたが

釣らせることができず、

もうコレしかないでしょ、と思い、

下の池で1投で掛かったボトム系のルアーをとり出し、

私:「これは試した?」

釣友:「いや。」

私:「これなら大丈夫。絶対釣れるから!」

釣友:「まじ?早くセットして、釣らせてあげて!」

そのルアーを投げると、

すぐに釣れるか?と思いきや、

若干風が吹き始め、

軽いそのルアーはなかなか飛ばず、

下流から吹く風に

さざなみ立つ水面で、ルアーも見えづらく、

場所移動し、風上側から投げると、

マスのたまりにキャスト!

ボトムで5秒待ち、

マスがついばんでる。ついばんでる!

「食えっ、食えっ!」

チョンチョンと誘い、

底で5秒待ち、

(今にも食いそう!)

…だが、食わず、

「タイムアーップ!」

釣友:

「絶対釣れるルアーは

どうだった?」

(目の前でやってたんで、結果はわかりきっていましたが)

私:「ダメだ。釣れなかったぁ~」

「面目ない。」

(コレじゃぁなかったか~)

 

・・・釣りなんだから、

「絶対釣れる」はなかったですねぇ。(反省)

でも、次行くときは大丈夫!

「絶対釣れますから!」