釣果情報

★MID AUTUMN 涸沼のハゼは?★

秋も深まり、釣りには最適な気候ですネ!

この時期は当店最寄りの『涸沼』のハゼが

人気なのですが、今年は早くも釣果が

よろしくないようです((+_+))

はたして本当に落ちてしまったのか?

秋晴れの涸沼に行ってきました!

まずは緊急事態宣言が明け、駐車場が

使えるようになった網掛公園前。

多くの釣り人が楽しんでおりますが、

小一時間、私を含め誰も釣れません。

よしっ移動(;’∀’)

沼と呼ぶにもギリギリな最下流部へ!

かなりの遠投で深場を探るとようやくHIT

かなり狭い範囲に、ある程度固まって

いるようです。しかも概ね良型♪

いわゆる『落ちハゼ』ですネ★

たしかに涸沼本湖?では厳しそうですが、

涸沼川では釣れているようですので、

今後は涸沼川・那珂川がオススメです。

私のハゼ釣りは、また来年!デスね。

常磐沖・カツオ連日大爆釣中!!

連日、大爆釣中の波崎沖に

波崎港「信栄丸」さんから

お客様と一緒に行ってきました!!

8時半ぐらいまではクールージングだったのですが

鳥が見つかりイワシが船について

一本釣状態に!!

今がチャンスですよ!!

★2021年渓流釣り 禁漁間近★

2021年の渓流釣りも9月一杯で禁漁。

※近県ですと栃木19日で禁漁です。

もう既にヤマメは秋色に染まり、

道端のヒガンバナを見ると、今年も終わりか~と

寂しくなっちゃいます(;´Д`)

#

★涸沼のハゼ釣り たいへん賑わっております★

9月に入り当店最寄りの人気釣り場『涸沼』が

ハゼ釣りやシーバスのルアー釣りで賑わっております。

広浦周辺等の人気ポイントは、密にならないようご配慮下さい。

緊急事態宣言により、多くの駐車スペースが封鎖されており

無理な路上駐車を多く見受けられます。

迷惑駐車やゴミのポイ捨て厳禁!最低限のマナーは厳守して

楽しい涸沼の釣りをお楽しみ下さいm(__)m

日立、平潟からのアカムツ開幕か!?

日立・久慈港「釣友丸」さんから

日立沖のアカムツに行ってきました

今シーズン一番の喰いっぷりでしたね!!

残念ながら週末は、時化模様なので

時化明けがチャンス!!

★お問い合わせの多い涸沼ですが・・・★

当店近郊の人気釣り場

『涸沼』

ですが、夏=ハゼ のイメージが強い為か、

やはりお問い合わせはとても多くなっております。

やはりハゼ釣りといえば、初心者の方やファミリーに

オススメできる気軽な釣り物!

夏休みともなれば、キャンプをしながらの釣りも楽しそう!!

ですが・・・

一般的に『涸沼のハゼ釣り』のベストシーズンは9月(;’∀’)

やはりちょっと早いのでは?とも思いますが・・・

スタッフが実際に釣行して、調査してきました!

那珂湊港でシロギス釣りをした帰りの1時間チョイ。

結果

1時間ほどで6匹釣れました~!

しかし、釣れたハゼは5~10センチ程とかなり小型で

まだまだ食べるにはカワイソウ((+_+))

結論としては、釣れるには釣れるがまだ早い?という状態でした。

それでも涸沼へレジャーでお越しの空き時間で、釣り楽しむには

アリ!

だと思います。

※因みにエサはジャリメがオススメ!

太いイソメではお口に入りません。

釣り具屋のオヤジが真剣に釣りをした結果ということも、ご配慮下さい。

さあもうすぐ夏休み!

ご友人やご家族と釣りを楽しんでみませんか!?

#2021涸沼ハゼ釣り

★夏休みにオススメ 那珂湊港 近況★

◎那珂湊港では、サビキ釣りで

サバ

イワシ

サッパ

などが釣れております。

アジは回遊があるようですが、概ね少し混ざる程度?

やはり朝・夕の時間帯での釣行をオススメします。

快晴の日中で低潮位などが重なると、さすがにキビシイです。

◎投げ釣りでは

シロギス

メゴチ

を中堤防で狙えます。

だいぶ那珂湊港のシロギス釣りが周知されたらしく、

最近では多くの方が、専門に狙っています。

※那珂湊港内での投げ釣りにおきましては、『チョイ投げ』スタイルが

ベストです。

エサはジャリメ! 少々お高くても効果アリです♪

★栃木県 那珂川水系 ヤマメ釣り★

栃木県 那珂川水系の小渓流に、癒しのヤマメ釣り!

春の様に数が釣れるわけではありませんが、

釣れるヤマメは、どれもコンディションの良い魚ばかりでした♪

当日は、陸生昆虫を模した毛ばりを使用。

この時期のヤマメは、毛ばりの色や形を概ね問いません。

森の中で、ただ『ヤマメを釣ること』だけに没頭します。

渓流釣りは究極のリラグゼーションです(^^)/

★早朝アジング★

マヅメ時にアジの釣果がちらほらと出てくるようになり、
特に朝マヅメのほうが型が良いとの噂を聞きつけ、
早朝4時に、近くの港に行ってきました!

実際に釣り開始となったのは、4:30頃となりましたが、
4.6gのMキャロを朝日に染まる大海原にキャスト(^^♪
「5」位のカウントを取り、ゆっくり泳がせると、もぞもぞと竿に伝わるノイズ…
回収すると、ワームがほぼ無い…

フグ様の朝食タイムのようでございます。

それからレンジを変えたり、スピードを変えたりと試行錯誤するも、
やっぱりワームが半分以上食われて帰還する始末…。

たまらず、近くの遠投サビキをしていた方に状況を伺うと、
陽が上がる直前の3:30~4:00頃は釣れていたが、
陽が上がっちゃうとフグに替わってしまうみたいなんです…( ノД`)

そこで、作戦を変更

フグの猛攻を避けるため、ジグサビキを投入!

本命のアジを狙いつつ、青物も狙っちゃうという、

今流行りの二刀流♪

5gのジグが付いた、ジグサビキを投げること間もなく、
足元で、ゴンッ!!

カンパチの幼魚「ショゴ」がHIT!

20cmほどの小型ながら、引きは強烈!!
何とか釣り上げ、パチリ!

その後は、ジグを沖に投げ、アジの気配を探りつつも、
視線は堤防の際。というのも、
ショゴは、堤防の際の表層を回遊することが多いので、群れを見つけ次第、
ジグを目の前にもってくれば、イージーに食ってきます!

そんなパターンで、計3匹のショゴをGET!!

本命のアジは釣れませんでしたが、
ショゴの強烈な引きと、サイトでの駆け引きを楽しめました(^^♪

セット竿や、バスタックルなどでも簡単に楽しめますので、
皆さんもぜひチャレンジしてみては?

★阿字ヶ浦はチョイ投げ天国!?★

チョイ投げでシロギスが釣れているとの情報を得まして、

阿字ヶ浦海水浴場に釣行してみました。

まずおどろいたのは、チョイ投げスタイルの釣り人の多さ!

いわゆる4メートルほどの投げ竿を使った『ガチ勢』はゼロ!!

まさに『チョイ投げ天国』

多くの方は、シーバス用のロッドにPEラインでシロギスを狙ってます。

私は、サーフのヒラメタックルを用意。

ティップの太さがかなり異なりますので、10号ほどの天秤をさびくなら

断然楽に釣りが出来ますのでオススメです♪

肝心な釣果は、皆さん苦戦されており、型を見れた程度の方がほとんど。

いわゆる『つれない日』にきてしまったようです((+_+))

週4で来ているという常連さんが言うのには、午前中の3~4時間で

平均4~5匹。 良ければツ抜け出来るか出来ないか!?だそうです。

サーフでの投げ釣りは、堤防の閉鎖的な釣り場と異なり、気分がイイですネ。

皆さまもお時間有りましたら釣行してみて下さい。

尚、例年6月下旬より海水浴準備の工事で、釣りが出来なくなります。

ご確認の上、お早目に釣行することをオススメいたします。

サーフの投げ釣りで、初めてアジ釣れました(;’∀’)